So-net無料ブログ作成
検索選択

スウェーデンのテロ、容疑者はだれ?海外旅行の危険性は? [海外]



スウェーデンの首都ストックホルムの繁華街で7日、
トラックが歩行者の群に突っ込み死傷者が出た事件がありましたが、
容疑者の男が逮捕されました。
男はどんな人物なのでしょうか。また、スウェーデンへの海外旅行の危険性は
どの程度のものなのでしょうか。






スポンサードリンク






スウェーデンのテロ、容疑者はだれ?




スウェーデンで昨日起きた事件は、テロの疑いが強く持たれています。
事故ではなく、事件として捜査されていましたが、
8日にトラックを運転していた男が警察当局に逮捕されました。


男は39歳のウズベキスタン出身の人物で、テロ関連の情報収集のなかで
過去に名前が出たことがあったようです。
また、自身のフェイスブックにジハードについてのプロパガンダを投稿したり
2013年4月に起きたイギリスのボストン・マラソンのテロについての
画像を所持していたということです。


こうした情報を総合すると、
個人的理由による事件ではなく、背景には宗教的理由による問題が絡んでいる、
と見て間違いないかもしれません。


ヨーロッパでこうしたテロ事件が多く発生するようになってきたのは
移民の受け入れが持つマイナスの側面だと思われます。
先日は、イギリスでの新生児の名前の一位がムハンマドだという
ニュースが流れましたが、イギリスに限らず欧州諸国では同様の問題を抱えています。






スポンサードリンク






スウェーデンのテロで海外旅行の危険性は?




今回のテロでスウェーデンの海外旅行の危険性が大きくなってきました。
以前からヨーロッパではテロ活動が活発化しており、
スウェーデンだけではなく、危険な状況に遭遇する可能性が高くなっていると
言えるでしょう。


毎日のように今回のような事件が起きているわけではありませんが、
日本にいるときのような安全意識ではあぶないですね。
一般的な事件であれば、そういう事件が起きやすい場所を避けて
旅行をするという手もあるかもしれません。
しかし、テロ事件はどこで起こるか予測ができないものです。


しいて言えば、人が多く集まる繁華街や、
国の機能が集中している官庁街やオフィス街は
どちらかというとテロの標的にされやすい場所なので
旅行の際には避けたいところですね。
とはいっても、繁華街を避けての旅行など旅の醍醐味が減ってしまうのが
もったいなく思ってしまいます。






スポンサードリンク






まとめ



スウェーデンのテロの容疑者はおそらく宗教的な理由で
今回の事件を起こしたのだろうと推測されます。
スウェーデンへの海外旅行を計画されている方は
くれぐれもご注意ください。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。