So-net無料ブログ作成

加川良の息子gnkosaiの読み方は?どんな活動をしてる人? [芸能]




フォークシンガーの草分け的存在と言われた加川良さんが白血病で亡くなったというニュースが流れています。息子さんのgnkosaiさんもミュージシャンということですが、どんな人物なのでしょうか。




スポンサードリンク






加川良の息子gnkosaiの読み方は?




加川良さんの訃報をネットニュースで見た人なら、彼の息子の名前もその際に見ているのではないでしょうか。息子さんの名前はgnkosaiさん。ミュージシャンとして活躍しているので、これはもちろん芸名です。


それにしても、何とも呼んだらいいのかわからなくて、かなり気になります。ジーエヌコサイなのかグンコサイなのか。加川良さんの本名が小斎喜弘さんで、gnkosaiさんの本名が小斎元希さんということで、kosaiはコサイでよさそうです。


問題は「gn」の方です。gnkosaiさんはgnkosaiBANDというグループをやっているようなのですが、そのバンドの読み方はなんと個人の自由、だそうです。しかし、ある記事では「ゲンキコサイ」という読みが書いてありました。gnkosaiは本名通りにゲンキコサイと読んで間違いなさそうです。






スポンサードリンク






gnkosaiはどんな活動をしてる?




gnkosaiさんも父親の加川良さんと同じようにミュージシャンとして活動しています。先ほどのgnkosaiBANDを率いて、下北沢や横浜、大阪などでライブ活動を中心に活動しているようです。


パレスチナのアーティストと共演したり、台北での海外ライブを行ったりと国内外でその影響力を広めているということです。ルーツミュージックを基盤にした演奏にドラムgnkosaiさんのポエトリーリーディングが乗っかるかたちで、かなりエキセントリックなバンドなのではないでしょうか。





スポンサードリンク






まとめ




加川良さんのニュースで気になったgnkosaiさんの名前の読み方が判明して少しすっきりした気分になりますね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。