So-net無料ブログ作成

ブラジルの鶏肉、安全性は問題ないのか?毒肉と呼ばれている理由 [海外]




ブラジル産の鶏肉が各国で輸入停止措置を取られています。安全を検査して人々の安全を守るべき役人が、賄賂をもらってそうした検査をスルーしていたことが問題となっています。日本にももちろんブラジル産の鶏肉は入ってきているのですが、安全性は大丈夫なのでしょうか。




スポンサードリンク






ブラジル産の鶏肉、安全性は大丈夫?




ブラジル産の鶏肉はその安さから現在まで大量に輸入されてきました。かつては輸入鶏肉といえばタイ産だったようですが、こちらもマクドナルドのチキンナゲットのずさんな問題が発覚して、ブラジル産が台頭してきていました。


ところが、ブラジルもタイもそれほど違いがなかったようです。ブラジルに関しては、検査担当の役人が業者から賄賂をもらって、安全基準に満たない鶏肉を海外へ輸出していたという事実が発覚しています。


ブラジル産の鶏肉は成長を加速させるためにホルモン剤を投与し、病気にならないように抗生物質を過剰に与えられた鶏の肉であると言われています。また、今回の事件のように期限を大幅に過ぎた鶏肉も臭い消しの薬品をまぶして出荷していたところもあるようです。


ブラジルの鶏肉業者すべてがこうした問題をおこしていたわけではないようですが、日本に来てしまった段階では、それを見分けるすべは消費者にはありません。いま最寄りのスーパーで売られているブラジル産の鶏肉は安全基準を満たしているかもしれません。が、安全かどうかが不明だという意味でブラジル産にはしばらく手を出さないほうがいいのかもしれないですね。




スポンサードリンク






ブラジルでは毒肉と呼ばれている?




ブラジル産の鶏肉は地元では毒肉と呼ばれているようで、ブラジル人は自国の鶏肉を食べていないようです。


日本では、スーパーだけでなくたとえばローソンのからあげくんや、ファミレスのチキン系食品はだいたいブラジル産を使用しています。


具体的に産地が見えづらい分だけ消費者の不安は高まっていくような気がします。





スポンサードリンク






まとめ




ブラジル産の鶏肉を食べるのがちょっと怖くなるニュースでしたが、タイもブラジルも安全性に問題があるなら、他の外国の食品も疑ってみたほうがよいのかもしれませんね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。